homeに帰る←






   日  記            レース 回 顧




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
わたしは「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。(2006)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい(2005)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で(2016)




─────────────────────────────────────────






 Oh!

私の血統論の簡潔な集大成のようなエルコンドルパサーのクロスの美しさ






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくらわたしのモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「ペシャワール会」を支援しています。 

けっきょく、最初に戻りました。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった氣がする


 最初の成功

 ブーサック 
 ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を、やっと能力試験をパス。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、新馬戦でブーサックばりの名配合とベタ褒めして、浦和のトラックマンが早刷りを見て昼寝せずに、地方だってまじめな競馬なんだ、ふざけた仕事をするんじゃないと、会社に怒鳴り込んできた。ところが、翌日は当然の最低人氣。でも、快勝。翌年の東京ダービーも浦和出身で制覇。なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外はわたしだけだったに違いない。地方の本紙予想も、新人なのに頼まれて、多い日で1日2レースくらい書いていた。



                  Oh!



●●●●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それがわたしの血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●●●



メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、わたしの本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
       (『血統論』とセット販売で1700円)

血統論』のみ。(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(500円)

週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(400円)


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●● 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 ●●


無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

(2019年、執筆内容で意見の相違があり、降板しました)

─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────





●●●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している メールマガジン  ●●●●●


ここからでも、簡単に、登録できます。



有料メルマガ
笠雄二郎の「血統批評」と全馬の「AI軸馬指数」】。
(2023/6 までの旧タイトルは【笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」】)

 ◎まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」で上位入賞

    入賞 


    入賞 


    入賞 

   読者(リピート率99%以上)の皆様の推挙のおかげです。
   他のメルマガ2誌を休刊にして「軸馬指数」に注力中です。
   1995年の新聞以来とかの読者がまだいらっしゃる。


有力馬の血統批評にかぎらず、多面的な切り口で競馬の19種類のファクターを指数化し、軸馬を抽出します。競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。原則として、毎週2レースを配信します。過去に、有馬の◎ゴールドアクターや、宝塚の◎マリアライトなどを軸に選定しています。成績や自選集は、「メルマガ」コーナーに掲載しています。

料金は、月に週末競馬は4週か5週ですから、8レースか10レースで、月500円(税抜き)ぽっきりです。


ご購読は
こちらから 】、申込可能です(「ホースレター」も可)。
   ↑ click here. 

◆一度講読して、再購読の手順が上手くいかないと
「AI軸馬指数」登録
ここから、登録へすすむ→すでにアカウントをお持ちの方はこちら、
で、行けると思います。


◎有料メルマガの購読方法は下記(下のほうの欄)をご覧下さい





無料メルマガ

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

上記の申込フォームからも、申込可能です。


 ◎ 2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」3位入賞

    入賞 





・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────



〈まぐまぐ〉の有料メルマガの購読方法


有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────




●●● 他の有料メールマガジン も発行しています ●●●


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ
わたしは90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのはわたしくらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです。2019/5 廃刊登録申請しました。「軸馬指数」にエネルギーを集中します)。



軸枠・軸馬決定法「枠目論」】
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。「軸馬指数」に努力を集中します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。解析ノートお申し込みは、笠宛てにメールください)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。
◆ 枠目論研究所 です。





植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●


──────────────


※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、添付ファイルかオンラインストレージで送らせていただきます。)

◯普通のPCだと、[PageDown]キイ を使って、ページをめくってください。

『AJG予想法』『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』『G1データ・最強の発想』3冊セットのお申し込みは、2000円とさせていただきます。
『枠目論』を加えて4冊セット4000円と、させていただきます。(2019/12/13)
 『G1データ・最強の発想』の、14/15,26/30 という記載は、左は軸馬の、右は連対馬2頭の該当数字です。毎年の加算で、数値が1くらいズレている可能性がありますが、全体の意図に問題は生じません。


──────────────


  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

----------------------

※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、添付ファイルかオンラインストレージで送らせていただきます。)


AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想のわたし独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。わたしのものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。データ更新して、一部を捨て、最新版は、2021年5月版(第7版 補足)です。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も氣付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、「ブログs」ページからも入れます。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 わたしはわたし 

わたしの予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています







─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

 入賞     入賞 

(ホームページのデザインは、Firefox に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。わたしの愛用は、Firefox です。
日記」は、どの日も下から上に読んでください。)












7/13  22−31℃  くもり  南南東3
函館2歳Sは函館千二、良。
 1分9秒2のふつうのレース。ヤンキーバローズに期待したが、パドックが凄いデキで、なぜか人気がなく8番人氣でパドックを終えたが、そこから売れに売れて5番人氣になった。でも、ダッシュが付かないのか、岩田康が差し切り狙ったか、わたしが思うよりも2列も後ろ。あそこから追い込んで4着だが、完全に脚を余した。
 千二の馬とは思えない。二千かな。なんで、こんなところを走らせているのだろうか。理解できない。勝ったサトノカルナバルも千二の馬には見えなかった。千二を使うのは、万策尽きた後の最後の最後にして、マイルを先に使うべきだった氣がした。順番として、マイルでダメなら千二ではないか。

7/11  26−30℃  雨のちくもり  南南東1
■黄河が干上がったという。また、雨が降ったら河に水は流れるだろうが、北は干ばつ、南部は洪水、西部は寒波で雪降っているという。世界の気象はめちゃくちゃだ。
 日本もそうなるかもしれないが、インドと中国はたいへん。ロシアがいちばん恵まれているみたいな氣がするが、株を買えないのには困ってしまう。じつは「ロシア東欧ファンド」を買っていて、それを売ったら、しばらくして戦争が始まって、経済制裁で株を売り買いできなくなってしまった。運良く逃げたが、今はロシアは買えない。それで、外国人が日本株を先物などで買いまくるのだろうか。

7/10  26−31℃  くもり  南西1
■世界の企業がインドやタイに工場を持って行っているが、インドはムリだと思う。水資源が枯渇しそうな国が発展できるとは思えない。アジアのネックは、治水だと思う。日本は、瀬戸内の渇水は昔騒がれたが、まだ、良いほうだ。インドは海水の淡水化を積極的にやらないと、たいへんなことになると思う。

7/9  27−35℃  くもり一時夕立  東1
■今日のセレクトセールの落札で目を引いたのは、また、ノーザンファームの渾身の配合を、片っ端から藤田晋氏が買っている。シンエンペラーよりは走ると思うが。
◯マンダラの2024(ロードカナロア)8400万=藤田晋。トライマイベスト≒デインヒル5×4。レディブラッサム≒デインヒル2×4。レディブラッサム≒Mozart 2×3。安いなあ、私なら2億まで競り上がる(笑)。
◯ジョイカネラの2024(コントレイル)1億9000万=藤田晋。Storm Cat 5×4。母がアルゼンチン3歳牝馬チャンピオンで、Distorted Humor ≒Roar 2×3。
■BRICsが新しい通貨を出すというが、ほんとうに出るのだろうか? トランプが人身売買は徹底的に取り締まると言っているのは、ほんとうみたいだなあ。小池百合子氏は公職選挙法違反で告訴されるようだ、どうなの?

7/8  27−37℃  晴  北北西2
■セレクトセールで、高い馬が次々に落札された。
◯イーヴンソーの2023(エピファネイア)3億4000万=藤田晋。マルゼンスキー≒デインヒル5×5・3。母イーヴンソーは英オークス馬で、Miesque ≒デインヒル4・4×2。
◯マーブルケーキの2023(モーリス)1億9000万=藤田晋。Ameriflora ≒Miesque 4×4。サンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉3×2。
◯サマーハの2023(キタサンブラック)1億5000万=金子真人。ノーザンテースト≒Far North 5×4。
私もカネがあったら、10頭くらい買いまくりたいが・・。

7/7  24−36℃  晴  西南西1
■「メルマガ」「通算予想成績」を、更新しました。「メルマガ」の自選集にブローザホーン◎の宝塚記念を掲載しています。
◆「AI軸馬指数」は1着と2着。今年は(14−16−2−24)。
 G1は(3−2−0−7)。

 今週は、七夕賞の2択だけが悩みだったが、どちらを軸にしても連対できていたから、悩みは杞憂に終わった。生まれて始めて競馬の夢を見たが、吉兆だったようだ。
 「通算予想成績」にあるように、どの切り口で見ても、わたしの予想は30年間、まったくブレてないですね。
 これで5割の貯金は、また4つになった。

七夕賞は福島二千、良。
 バビットの単騎逃げで1頭楽に大逃げかと思ったら、原のセイウンプラチナもつついて行くから、3ハロン目と4ハロン目が速くハイペース。馬群は縦長。1000通過が57秒台と、先週のラジオNIKKEIと同じくハイペース。
 乗れている戸崎は好位で始まったが、どんどん行かせて、自分は動かず、位置どりを下げていって、好位の競馬ばかりしていたのに、今日は後方から。
 6枠2頭の、キングズパレスとリフレーミングは、スタートも遅いから、その後ろから。
 向正面で、もう勝ちそうなのは戸崎だと思うだろうが、戸崎が動いたらディープにバックパサーだから速いだろうに、6枠2頭は動くのが遅すぎた感じ。
 先週のラジオNIKKEIをしんがり一氣で快勝した田辺はカレンルシェルブルで、あと650mくらいから動いたが、あれが正解。福島は3角の山の上の少し手前から仕掛けて、山を下りて直線平たんだから、あれでよい。京都の坂を下るのと同じで「ゆっくり降りなければいけません」と某有名アナが言ったのは大間違いで、京都と福島の坂は、早めに降りないといけない。
 ラジオNIKKEIのミルコは1000mから外から動かれて自分も動いたから止まったが、あれは早すぎ。
 カレンルシェルブルやレッドラディエンスの、田辺や戸崎が正解で、キングズパレスもリフレーミングも、伸びてきてはいるが、あそこから凄い脚を使うほどの馬でもないから、勝ちタイム1分57秒9となると、ワンテンポ遅かったかなという感じ。松岡や丸田だと、軸をかなり迷って悩んだのだが、そういうことなのね。
 レッドラディエンスを◎にするか、最後は2択で悩んだが、レッドラディエンスにしてハイペースになると好位差しだから苦しいかもと思ったが、戸崎は今日は4勝と乗れていて、関係なく後方からだった。パドックも馬体はいちばん良く、6枠2頭のようなイヤな白い汗もかかずに、ピカピカに輝いていた。

プロキオンSは小倉千七、良。
 ヤマニンウルスはパドックも抜群だったが、好スタートで好位へ。少しハイペースで始まったので、最初は動かず4番手。いつも好位の競馬ができるから、前すぎず後ろすぎず、競馬が非常に楽だ。4角手前で、さあ動くかと動いたら、スイスイ伸びて突き放して大楽勝。1分42秒台で3馬身離したら楽勝だ。
 スレイマンとハピの2着争いは、前に行けるスレイマンが2着。後ろから早めに外をマクって行ったハピは最後が苦しくなるから、マリオロードの内からの追込みにも交わされた。力はあるが、やはり小回り千七は少し厳しいか。

7/6  26−33℃  晴夕立  風なし
■柴田善が勝った。58歳くらいかな。60歳でも平氣だと思うよ。身体壊さなければ65歳まではやれると、私は思っている。
■@hikegami3
ポーションミルクはミルクでも何でもない!
ただの油と添加物の塊

7/4  24−34℃  晴  南南東1
あきたこまちに、放射線育種米が登場するが、表記は区別しないそうだ。書くのも長周新聞くらいかも。やった人たちは、毎日、皆の前で食べてほしい。

7/3  24−31℃  晴  南西1
@Ryogo_Urata
もう二度と見られない
宮島の花火大会
厳島神社の背後に咲く花火が美しかった…

7/2  24−31℃  晴のちくもり  南西1
■植物食べるほうが、肉食べるよりも、骨が強くなるという医者の文章を読んだ。江戸末期に、飛脚が肉を食べると走れなくなったという話は有名だが。

7/1  24−28℃  くもり時々雨  西南西1
■週刊競馬ブックを見ると、ショーマンフリートの菅原は、外から動いてきたから動かざるを得なかったと語っているが、4コーナー手前の勝負どころならともかく、あと1000mで動いてくる奴がいるたびに動いていたら、バカらしいと思わないのか。誰も普通は一緒に動かないよ。メンバーから見て、レース前から差し競馬なのに、やれやれ。
 動いたのはミルコだろう。彼はダービーでレイデオロのルメールが動いて(スローだけど)勝って、自分の馬は2着だったから、それ以来、時々動きたがる。ほっとけばいいのに。

6/30  25−28℃  くもり時々雨  南2
■「メルマガ」「通算予想成績」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外と券外。今年は(13−15−2−24)。
 G1は(3−2−0−7)。

 今週も天氣予報を何十回も見た。小倉が問題だったが、大雨の雨域は小倉の北の10kmくらい先と、南の阿蘇だった。中間の小倉は、今日の朝雨が止んでから降らなかった。線状降雨帯なんて幅が細いから、天氣のシミュレーションサイトで、何度も動かして予想するだけで疲れた。
 降らないから内から乾いていったから、1週間の努力は無に帰した。
 5割の貯金は、あと2つになった。

ラジオNIKKEIは福島千八、良。
 行きたい馬が多く、予想どおりハイペース。中団のインでジッとしていた春から調子の良い三浦のシリウスコルトが、あと600mから動いて、正攻法だから、インから抜け出して完勝かと思われた。
 ハイペースだからしんがりでジッとして動かなかったが、オフトレイルの田辺が、四角最後方から大外ぶん回して一氣にゴボウ抜きで勝ってしまった。中山マイルのハイペースでよくやる手だ。田辺らしい。
 三浦も春から本物になってきた感じで乗れているが、誰も氣付かないのか、馬が回ってこない。
 期待したショーマンフリートは、ちょうど良い中段の後方の外にいたのに、なんと、あと1000mのハロン棒の手前から動き始めて、動かないシリウスコルトよりもはるか前に出て行ったが、直線入ってすぐ止まった。あたりまえだろう。見ていてバカバカしくなった。菅原はG1勝ったから期待したけど、「時計が速いから」と勝利騎手インタビューで言っていた田辺の好判断と比べたら、おかしな競馬しかできていない。今日は4勝と固め打ちだが、まだ安定度はイマイチだなあ。
 大混戦のレースだけに、差し馬で騎手の読みの正しい2頭で決まった感じ。

北九州記念は小倉千二、やや重。
 雨が止んで、その後は降らないから、中伸び馬場だったのに、内から乾き始めて、午後は走るたびにイン伸びになっていってしまった。
 こうなると、雨待望のナナオは外枠から差す態勢に入って、きれいに3番手に上がったが、内から差し返されてしまった。
 ジャスパークローネが逃げる勢いはダントツだが、なんと、たまーにやらかす出遅れ。おかげでピューロマジックの単騎逃げで、内から乾いてきた馬場に助けられ、綺麗に逃げ切ってしまった。

6/28  22−22℃  くもり一時大雨  東1
生まれた町の四国で一二を争う由緒の神社の夏越しが今月末だ。夏越し(なごし)が来て夏が来る。人形の紙を枕の下に入れて寝て、朝起きると神社に自転車で行って奉納して、お祓いしてもらう。町内みんな健康で、開業医のうちは客が居なくて困るほどだった。
 写真は、そこの末社の、海に突き出たところにある「龍神社」。西暦270年から記録が残っている凄い由緒の神社で、四国八十八箇所のお寺も町内に2つもあったが、それよりも古い。あの町で生まれ育って、良かったと思っている。
 四国電力の火力発電所が7歳の頃にできて見学にも行った。いなかのエリート企業だから、密柑山と、田んぼと、漁師町と、国鉄駅前の商店街と、伊予絣(いよがすり)の生産地で町工場が並び、四国電力の人たちが住み、6つの組み合わせの小学校区域で、多彩な人たちや職業の組み合わせで構成されていて、多種多彩、めちゃ賑やかだった。町内に四国電力の社員寮もあって、そこの女子は綺麗で品があって良い人が居たし、めちゃくちゃ多彩な人たちと育ったから、恵まれていたと思っている。
 山も海も、お寺も神社も、3つあった溜池も、二毛作の広い田んぼも、綺麗な水の海水浴場も、壮大な神輿の祭も、伊予絣の工場も、皆、歴史に遺るような町だった。

6/26  23−28℃  くもり  南南東
■今日はほとんどの銘柄が安かったが、今週少し手直ししてセットしたポートフォリオは全部騰がった。ドル円為替と無関係、米景気と無関係、半導体と無関係、増益基調続く、テーマ性あり、やや低PER、社長有能。という選別基準だった。地方自治体とか、葬儀屋とか、薬局とか、医療クラウドとか・・・。米大統領選とか、戦争とか、大不況とかと無縁なのがいいなあ。

6/25  25−31℃  くもり  南西1
■今日は良い買い物をした。Amazonは、むかしは大きすぎる段ボールとかだったが、最近は、包装が簡便になってきて紙袋とかになってシンプルで片付けやすい。もっと、早く、こうしてほしかった。

6/24  21−34℃  晴  北西1
■最終週を迎えるまでの、東京と京都の春の馬場は良馬場だらけ。稍重が1日ずつあっただけ。だから、宝塚記念で重馬場になると、最終週に至って、やっと、初めての重。だから、今までは馬場の半分より内側しか使っていなかったから、外側は新鮮。新潟の直千競馬の外ラチ沿いみたいなグリーンベルト。それを、インが荒れて全員が外へ寄って走るから、とうとう追込みは外ラチ沿いを走れることになった。だから、時計は12分12秒台と、速かったのだと思う。
 ネットや新聞では、ドウデュースで決まりという声が専門家の間でも多かったが、私は荒れると思っていた。こういう土日の天気の良いシーズンは、90年代に多かったけど。今でも、たまにはあるけど珍しい。
■今日は宝塚記念を10回くらい見ていたら
パイナップルを食べたくなった
あれは身体に良いんだよ。
投稿者: Spellbinding Odyssey

6/23  20−22℃  くもり一時雨  西北西1
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites」の好きな馬を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外と1着。今年は(13−15−2−22)。
 G1は(3−2−0−7)。

 今週は天氣予報を何十回見たことか。京都の馬場は、春は歴史に残るような最高の馬場だった。でも、最終週でかなりの雨予報。これは、今までの2カ月の京都と全然違う馬場になりそうで、たいへんな緊張と期待感で、一日一日、過ごしたが、とうとう「軸馬指数」のOP、日曜のパラダイスSを土曜の青函Sに振り替えて、どちらも外れたが、時間を宝塚に集中できた。
 雨ならブローザホーンかベラジオオペラと思ってきたが、雨が決まって、枠が8枠に決まって、これは勝てると思った。
 メルマガにも書いたが、今年の前半のG1・12レースは、1番人氣の馬を全部信用できず、全部蹴飛ばして◎を打ってきた。たいへんな年だと思った。そして最後もドウデュースのおかげで好配当。前半は5レース連対したから、今日はほっとした。
 宝塚はアイオライト◎で、ドゥラメンテやキタサンブラックをにねってから、相性の良いレースとなっている。ベテランが引退する時に会心の予想を述べて消えていくが、会心G1なんて、私の場合は数え切れないくらいあるんだよなあ。それは誇りだね。穴党の人はG1が苦手だし、本命党の人は会心の予想が少ないのです。50年前から同じ。
 苦手の荒れすぎるオープン特別がジャマなのだが、5割の貯金は、まだ4つある。来週もやるしかない。

G1 宝塚記念は京都二二、重。
 天氣予報どおり雨が降っての重馬場。降るか降らないかのレースが苦手だが、ドシャドシャ降ると決まっていれば得意。
 人氣馬が内に4頭固まったのだが、どう見てもインは不利。ジャスティンパレスのルメールは芝で勝ったレースで中割りで伸びたが、ゴール前は故意に内に寄せていって、あれは内の芝の状態を馬の上から確かめたのだろう。でも、5レース芝のレースをやって、掘れてくるから、午頃そんなことやって芝の状態を見ても仕方がない。こういう設定はルメールは苦手だから、これで終わり。
 ドウデュースはツナギが寝ている馬で、海外でも重がこなせなかったし、ダービーと有馬を勝ったから凄い人気だが、重となれば、格など関係ない。ケツから行って外にも回せたが、手応えも凄くなかったのだろう、内めから距離得しようという競馬で、G1ホースとして、そうなる可能性を感じていたから、「AI軸馬指数」でも褒めなかった。
 プラダリアとベラジオオペラがハナを争うかと思ったら、雨でどうにもならないルージュエヴァイユが逃げて、これで、この2頭はチャンスが出たが、爆発力が足りなかった。
 ソールオリエンスは筋肉量が凄くて、パドックでも外を見ながらの余裕で氣配が凄く良く、レースも横山武の良いところで腹をくくり、一か八かの大外一氣を狙った。
 ブローザホーンは菅原がスタート上手でまあまあ出したが、ルージュが逃げて前がややこしい展開になるのを見て、控えて、ドウデュースに蓋をするかのような後方。あそこで被せていたから武は外へ出そうとしてもムリだった。あれは駆け引きとして当然の好騎乗。
 インに4頭強いのが固まったが、重馬場で、インがアダになる4頭だった。
 こうなると、少し渋った馬場の京都記念でプラダリアの内に出して惜敗して、出す方向を間違えたと悔しがったベラジオオペラが、今日はキチンとプラダリアの外へ出して、好勝負。横山和は成長している。
 ソールオリエンスの皐月賞のような重の後方一氣と、ブローザホーンの後方一氣の対決になったが、京都外回りの坂の下りだから、少しでも先に行って、少しでも馬場の良い大外のラインを確保した菅原明の完璧な勝利だった。
 菅原明は人氣薄の馬でも懲りずに勝負に持ち込んでいたからG1は馬さえ回ればすぐ勝てると思っていた。

6/22  16−30℃  晴のちくもり  南3
■パラダイスSをやめて青函Sにして外れ。モリノドリームとビッグシーザーで決まりくらいに思っていたが、悪くてもカンティーユとの3択かと。でも、カンティーユの逃げ切り。これで3週連続で逃げ切りだらけ。
 券法としては、逃げ馬から全部いつも流す手があって高配当にありつける。でも、分かっていても予想する者として、その手は使えない。だから、逃げ切りが続くとうんざりする。明日の宝塚がいっぱい考えられたから、それが奏功すればいいのだけど。

6/21  21−18−20℃  くもりのち雨のちくもり  北西2
■メルマガの日曜のパラダイスSの予定を、土曜の青函Sに変更しました。京都の天気予報がめちゃくちゃで、宝塚記念の予想がややこしすぎるので、金曜夕方から宝塚記念に集中します。多頭数抽選のパラダイスSをやって疲れて、相場1つ裏目に出たのに。やれやれ。何をやっても完璧にはいかない。

6/20  19−29℃  くもり時々晴  南2
■死ぬ日は、生まれる時から決まっているのだと思う。松山の親戚3軒・17名に、同じ誕生日の組み合わせが4組もある。

6/19  17−31℃  晴  南南西1
■3カ月ごとの月半ばに会社四季報が出る。月曜に見て、パーッと、記者が3カ月前の予想業績を上方修正した銘柄を読んで納得できたものが、低PERの割安、業績続伸、テーマ性アリで、5銘柄あったから買ってしまったが、今日あたり、普通の人も気付いて買い始めたから上がっていく。嬉しい。年に4回は、この手をやる。むかしは東洋経済の仕事が多く、『金融ビジネス(バブル以前の名前は『金融と銀行』だったかな)』、『週刊東洋経済』、『就職四季報』など、よく出かけて仕事したから、『会社四季報』の校正ももちろんやっていた。一旦やめていたが、この手は必ずやり続けよう。棚からぼた餅なのだから、やらなきゃ損だ。

6/18  21−19℃  雨  北3
■今日は1日中、雨。ネットで検索するとなんでも便利に分かる。パジャマのズボンのヒモ結びとか、いろいろな結び方など朝飯前。

6/17  23−30℃  くもり  南南西2
■映画のラジオ番組で『シェルブールの雨傘』について語られていた。4年前に原宿でフランス人の女性2人と地下鉄に乗り合わせて、どこから来たのとか聞いていたら、ドーヴィルの近くだった。シェルブールは? と聞いたら、知らないと言われた。そうか、シェルブールは西の方だと思っていたが、ノルマンディーだったか。という話もあったなあ。映画は良く観たなあ。年に360本観た年もあった。

6/16  21−30℃  夜半雨のち晴  南3
■「メルマガ」「通算予想成績」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外と2着。今年は(12−15−2−21)。
 G1は(2−2−0−7)。

 先週も2レースとも自信があったが、雨にやられて1つ外れ。今週も2レースとも自信があったが、2レースとも逃げ切りで、差し競馬が好きな私には苦しい週だった。
 来週はG1だが、京都の馬場は時計が出る絶好の馬場だから、このメンバーだと逆にややこしい。でも、やるしかない。宝塚終わって、私の育った町の1世紀の60年から歴史が残る神社の「夏越し(なごし)」だ。それもあって、宝塚はいつも熱が入る。
 5割の貯金は、まだ4つある。やるしかない。

マーメイドSは京都二千、良。
 少しハイペースでアリスヴェリテが逃げて、中盤でハイペースに上げて、最後は皆止まった。でも、永島の大逃げが決まって逃げ切り。エーデルブルーメは2着確保だが、あとは後方からの追い込み。あれだけ飛ばされると、好位組はバテバテになった。

6/15  21−30℃  晴  南南東3
米子Sは、1分31秒台の逃げ残り。上がりが 11.4-10.9-11.2 では差しは届かない。京都は凄い馬場だ。クッション度が硬すぎて、読みづらい。宝塚は雨が降らないと、例年の阪神とは違いそうだなあ。
■今日は朝から床屋と医者に行ってきた。薬局でEM−Xという細菌を売っているかどうか聞いたら売ってなかった。Amazon見て、売れているのを仕入れるようにすれば効率良いのに、Amazonのマネをしようとするドラッグストアやスーパーは少ない。なぜなんだろう。AI以前だなあ。AIもやる人はどんどんやっていくけど、やらない人は5年くらい遅れて、それ何?ってなるんだろう。アサヒがFanclを2000億円で買収した。そりゃ安いわ。FanclやDHCは20年以上前から必死でやっているからなあ。

6/14  19−32℃  晴  南東3
■とうとう32℃だ。AIよりも戦後の昭和の時代が良かったなあ。たとえ、あれは、ひとときの幻想だったとしても。

6/13  20−25℃  くもり  南南西1
■@Dongurihou
カフェの店員
(不味い……強盗がいるのに常連の刑事さんに助けを求められない……そうだ)
・・・20歳代前半、クリント・イーストウッドやポール・ニューマンの三流映画を、町の三番館でやたら観ていた時期があった。

6/12  20−30℃  晴  南南東2
性格診断テスト を、やったらあたっている氣がした。

6/11  20−30℃  晴  南南東3
■スズメもミツバチも、今世紀になって10分の1になったという説もあるが、鳥なんて見ないねえ。流山にいた頃は、毎朝、窓の下に集まるキジバトからメジロまで、何種類もの鳥たちに餌をやっていた。もう、ああいう時代は終わったんだね。
 子供の頃は大雨降ると、小川が溢れて、周囲の道路に大きな大きな鮒が流されてきていた。風呂場の傍の小川には、蟹や蛇がいた。もう、時代が変わっておもしろくない。

6/10  18−23℃  未明雨のちくもり  東1
■函館スプリントSは、ともかく予想外の雨に参った。最初から雨が降ると分かっていたら、「軸馬指数」でも書いたように、柔らかい馬場に強いサトノレーヴ。良馬場なら切れ不足だから、アサカラキングの逃げのほう、という2択にしようと思っていた。こういう2択で、雨が降られると困るなあ。

6/9  19−25℃  くもり  南南東3
■「メルマガ」「通算予想成績」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外と1着。今年は(12−14−2−20)。
 G1は(2−2−0−7)。

 今週は体調もいろいろあって、でも、友人は次々に亡くなっていったのに、私は生きているから、こういうのは生まれた時から決まっているのだろうかとか思いながらの週。
 軸馬指数も1001レースになって、1000レース超えてきた。こうなると、通算ではあまり大きな動きはないが、競馬通信社の全特別をやっていた頃の、必死の予想の頃と近い成績になってきている。あの頃は、本紙予想の私のギャラよりも、製作スタッフのギャラのほうが高くて、年に何回か小さなことで怒鳴ったりして鬼のように必死に予想やっていたが、結果は良いし、Nifty のコンテンツでは大川慶次郎さんの予想よりも売れていたのに、なぜか廃止になってしまった。毎年優勝するのも良し悪しだ。怒鳴ってしまった社員やバイトの人はネット競馬サイトに移動して仕事するから、そういうところからは声も掛からないし、オイオイ。
 あまり、必死に仕事やりすぎると性格が尖ってダメなんでしょうね。
 5割の貯金は、まだ4つある。

エプソムCは東京千八、良。
 普通の平均ペースで、レーベンスティールの貫録勝ち。59を背負って44秒台で走れば、まあ、なんとかなるか。
 あとは横一線で、褒めるとすれば今週乗れていた田辺が距離得して好位から抜けてきて2着。まあ、こういうレースか。

函館スプリントSは函館千二、小雨良。
 人氣のアサカラキングが33秒0はいつでも出せるスタート巧者で、ハナと決まっているのに出遅れ。テンが33秒3だったのに、ハナも奪えず、2番手まで行くのがやっと。出遅れてから使った脚が32秒台だろうから、こうなる。直線で抜け出したが、すぐ止まった。
 サトノレーヴは雨が降って、柔らかい馬場が得意なので有利になった。直線で浜中がインから割って抜け出して快勝。小雨で1分8秒4なら楽だった。短距離重賞の経験の差が、余裕の差しに繋がっていた。

6/8  17−28℃  晴  南南東3
■常在菌や土壌菌に詳しい佐々木淳氏の本をいろいろ読み始めてガックリ。そうなんだ、洗いすぎや、歯磨き粉での磨きすぎは逆効果なんだ。
 人生のほとんどが間違いの繰り返しだったではないか。つまらんなあ。そう言えば、30歳までは、1日3食食べても、形式的に1日1回しか歯を磨かなかったが、虫歯にならなかった。なるほど、そういうことだったのか。手洗いのやり過ぎと同じだったのか。

6/7  19−27℃  晴  南南東1
■また円高に動き始めた。元氣のない国は、為替は安いほうが立ち直れるのではないか。
■日曜の2重賞の「軸馬指数」は明日送信します。よろしくお願いします。

6/6  19−25℃  くもり  南南東2
■とうとうアメリカの株はエヌビディアとマイクロソフトとグーグル(アルファベット)がほとんどの人氣になりそうだ。

6/4  16−25℃  晴  北東2
■信じられないことに、ダービーを歴史的な勝利で飾ったキングカメハメハが、やっと殿堂入りした。どうして、今まで投票しない人がいたのだろう。これでマツクニ師もアンカツもほっとしたのでは。
■今週の重賞は2つとも日曜なので、土曜に送信します。なんとかなりそうな氣がしてきた。
■よく考えたら、G1連戦の間に唯一買いたい株だったAIのエヌビディアを買い忘れていた。買うとすれば、GW明けはあれだったんだけど。

6/3  15−23℃  晴  のち一時雨  風なし
■最近、映画を観てないことを思い出した。上京した時は、ドキュメンタリー映画がわたしの人生の目標だったのに。競馬終わると、ラジオNIKKEIで映画の番組聴くけど・・。人生は、いろいろやることがありすぎる。

6/2  17−21℃  くもりのち雨  東南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は2着と券外。今年は(11−14−2−19)。
 G1は(2−2−0−7)。

 今週は2重賞ともモレイラ◎にして、モレイラにG1を2つ勝ってもらって、いつでも短期免許で来日して欲しかったが、いくら考えてもセリフォスのほうがチャンスに見えた。
 そのセリフォスが氣のない競馬で、騎手は湿った馬場のせいにしていたが、外から好スタートで出て、下げて大外を後方一氣で上がってきたが届くわけがなく、4コーナーでもう諦めていた。競馬はたいへんだ。5割の貯金は、まだ4つある。

安田記念は東京マイル、稍重。
 パドックが良く見えたのは、ロマンチックウォリアー、ソウルラッシュ、セリフォスだった。
 好スタートはロマンチックウォリアーとセリフォス。出遅れはナミュール。
 ロマンチックウォリアーはそのまま好位へ。セリフォスは控える競馬を選んで、下げて、2ハロン進んだ時点で16番手。出遅れたナミュールは、押して位置を上げていって中団へ。ペースは遅めの平均ペースで、中だるみ。上がりの速い競馬で 113-112-114 の上がりとなった。
 ロマンチックウォリアーは好位のインから抜け出して快勝。ナミュールとソウルラッシュが追い上げて2着争い。セリフォスは中だるみの中盤で少し後ろすぎたかと、少しは位置を上げようとしたが、平均ペースに近いし、レベルが高いので稍重でも時計は速く、大外後方から上がり最速の33秒0で追い込んだが、6馬身以上後ろから外回して追い込んで、G1だから32秒3くらいの脚を使わないと届くわけがない。この騎手は理解できない。昨年のレーンのほうが、はるかに上手かった。
 名人・河内がいつも言っていたが、マイルは最初は出して行って抑えて折り合いつけるもので、最初から下げていくことはない。
 ロマンチックウォリアーは香港馬らしく、好位なら好位で、そのまま押し切るという競馬で快勝。二千が強いかと思ったが、マイルでも強い。宝塚も勝ちに行くだろう。
 ナミュールはソウルラッシュとだいたい同じ力で、いつもこのへんか。今日も見どころのある叩き合いだが、香港馬が強すぎた。

6/1  18−27℃  晴のち一時雨  東1
鳴尾記念は京都二千、良。
 ロードデルレイは「AI軸馬指数」でも少しけなしたが、ふらっとしたりドッシリグイグイ来ないところが垣間見えるので、クラシック戦線でも活躍したヨーホーレイクのほうが強いと思っていた。もう1つの券種は、金子オーナーの馬2頭の馬連1点買いだったが、ロードデルレイの直前除外で安くなってしまって残念だった。

5/31  17−21℃  雨のちくもり  北3
   ●台風1号、伊豆七島、温帯低気圧になる。
■台風が消えても、低気圧がチラホラできそうで、日曜の安田の天氣が読めない。じつに困ったことだ。

5/30  17−27℃  くもりのち一時雨  南南東4
■リスクオフにしているが、日本は三尊天井になるかどうか? 少し怪しい。外国は、ともかくエヌビディアしか買いたい物がなくなると、皆はどうするのか?
 AI以外はインフレだ。AIなければ不景気確定か?

5/29  20−27℃  晴  北西7
■安田も鳴尾もややこしい。安田は台風も雨量で影響があるかもしれない。ダービーは超スローで、皆が脚を余してつまらない結果になった。安田はマイルだからスローはないだろう。
 ノリはダービー3勝目なんだね。印は打っておいたが、とても軸にはできない数字だった。展開とかすべてうまく流れたとしても、プラスは10点だ。ヒモ馬指数にはできるが、軸馬指数にはできないんですよ。
■今日の相場は不思議な一日だった。昨夜のNYがエヌビディアだけが暴騰。他は冴えず。それで東京もジリ安。一生功成って万骨枯る、ではないが、1銘柄だけで、とうとう世界の人は他の銘柄に興味がなくなってしまった。そうなると、ウクライナと中東の戦争は、まだ続きそうだし、米国債は売られ、ドルまで売られ、仮想通貨と銀以外は冴えない日だった。
 こういうときはポジションを最少にして、ほぼほぼ遊んでいるに限る。NISAを始めたばかりの主婦は、手仕舞いなんて思い付かないだろう。だから、毎日のつみたてNISAなんて、自壊を待つようなものだからやめたほうが良いと前から言っているが、証券界では誰もそれを言わない。

5/28  20−24℃  くもりのち雨  南南東1
   ●台風1号、南大東島沖、980hPa、東北へ。
■昨日、電力ケーブル会社を買ったが、今日は大出来高で6〜10%急騰した。勘が良かった。競馬よりも相場は簡単だ。仮想通貨は少しだけ持っているが、こればかりは上げるのか下げるのか分からないから、少しだけホールド。
 しかし、半導体工場ができるから電力消費が増えて電力会社が儲かるから株が騰がって・・・とか言うけど、そんなに儲かるのに、なぜ電氣代をストンと値下げしないのだろうか。不思議で仕方がない。私の自由電氣は九州電力系だから原発動かしているから安い。読みどおりだ。
■都知事選は青島幸男が出てから芸能系になったからおもしろくなくて投票したことなかった。今は都民でもないから関係ない。しかし、マンネリ候補ばかり。田中真紀子の娘が出たのにはビックリ。

5/27  17−26℃  くもり  南南西5
   ●台風1号、ルソン島、985hPa、東北へ、31日房総沖か?
■データセンターの電氣使用量が凄いというので、ケーブル会社と、光半導体のNTTを、ふと買ってみた。エヌビディアが凄いのなら、光半導体だって凄いだろう。NTTにはAIの Tudumi もあるし。

5/26  18−25℃  くもりのち晴  南4
■「メルマガ」「通算予想成績」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外と1着。今年は(11−13−2−18)。
 G1は(2−2−0−6)。

 今週は、ジャスティンミラノをどうするかだけ。無敗のダービー馬が併せ馬で遅れるかと思って、やはり負けはした。今年のG1は、なかなかAJGのAが3着にも入れなかったが、ここに来て、入るようになってきたか。
 今朝は良い夢を見て目覚めたので吉兆かと思ったが、ダービーだけ外れて、他は全部的中だった。
 5割の貯金は、まだ4つのママだから、安田でも頑張ろう。

ダービーは東京二四、良。
 逃げ馬のメイショウタバルが回避して逃げ馬不在。最内の池添か最外の岩田康しかいないが、岩田の逃げ。行こうという馬もいなくて超スロー。スタートで目立ったのはダノンデサイルとダノンエアズロックだったが、ダノンデサイルは3枠からノリが内々の好位をとってジッとしたまま回ってきて、直線抜け出し。きれいな楽勝だった。ノリのイン差しが嵌まると隙もない。上がりの競馬で、レースの上がりは、11.7-11.3-11.1-11.2-11.5 だった。
 ダノンエアズロックは、下げぎみの乗り方でコーナーへ入ったので、ジリジリと位置が下がって、1列か2列、私の希望よりは悪くなった。モレイラもダービーで硬くなったような乗り方だった。パドックで我慢ができていたから、欲が出たか。
 好位を取りに行ったのは、ジャスティミラノくらいで、このペースだから楽に取れたが、直線は各馬が皆、同じ脚になってしまって、前は捕まえられそうで捕まえられなかった。
 レガレイラはダノンエアズロックの後ろにいたが、どんどん位置が下がっていくので、直線では前が壁だから外へ出して、後方一氣狙いになって、この馬だけは伸びていたが、やはり1枠は苦しすぎて、レースの流れが合わなさすぎた。力は勝ち負けになりそうなあたりではあるかなという感じだった。一か八かノリの後ろへ行く手もあったかもしれないが。

5/25  20−26℃  晴  北4
葵Sは京都千二、良。
 京都千二は直線平たんだから、スピードがあれば前残りになる。ピューロマジックは凄いダッシュで出て行くから、多頭数でもハナ争いの心配もない。今日も凄いダッシュで出て、前々の前残りで決着。ワイド2点で8870円も配当があって、Vマイルで15840円のワイド取ったばかりで、また大きな配当。
 ナナオは、母の母が石川の七尾出身だから◎で買いたいのだが、今日はパンパンの良だから苦しいかと思ったら、良でも来るんだね、驚いた。

5/24  17−31℃  晴  南1
■31℃? 4月末から暑いのかな? まあ、天災も、これくらいで済めば良いか。
■ダービーと目黒の「AI軸馬指数」は土曜配信です。

5/23  14−25℃  くもり  風なし
■エヌビディアの決算絶好調で、日米の株が騰がる。とはいっても、AIと量子コンピュータくらいしか楽しみもないかも? 世紀の予言者と言われるババ・ヴァンガの予言を今日 YouTube で見たが、100年先も200年先もおもしろいとは思えない。輪廻転生しても楽しみはなさそうだ。

5/22  17−24℃  晴  東南東2
■農林中金が5000億円の赤字決算。有価証券評価損が1兆7000億。それで1兆2000億円の農林中金の資本増強だって。
 ここの運用を見たら、56兆円運用していて、半分ちょっとが世界の債券だとのこと。恐ろしい。株が2%だって。これでは、世界の国債はゼロ金利が高金利化していって、指をくわえて見ていたのだろう。これから損益確定で売ってしまうそうだから、米国債が買われ始めると、数日後また売られるあの不思議の理由は、農林中金の処分売りだったりして? もう、農協で集めた金の運用はやめてほうがいいのでは?
 おまけに、ここで農協の会員向けに売っているアメリカ株ファンド「おおぶね」の運用上位10銘柄には、今年1月現在、今大騒ぎされている Mag7は1銘柄も入っていない。運用責任者の経歴見ると、一流金融機関での実績がない。
 「おおぶね」運用上位にはアップルもマイクロソフトもアマゾンもない。運用成績が悪いはずだ。おまけに、ファンド買う時の手数料が、今の証券会社は、ほとんど無料と決まっているのに、2.2%も取っている。500万円運用を頼んだら、その時点で11万円も手数料で払って損するわけだから凄い。どこの農家がファンド買っているのだろう。ファンド買うのも農協の付き合いがあるのだろう。今回の資本増強に応じる農協もたいへんだわ。もう、縮小しないと、また税金頼みになる可能性もある。

5/21  16−28℃  晴のち雨  北北西3
■週明けもエヌヴィディアの決算待ちで、円高になりそうでならないし、米金利は下げそうで下げないし、仮想通貨が強いから、少ししか買ってなかったから、少し買い足す。やる氣が起きることもない。イランもウクライナも混沌。日本は地震はなんとか収まっているが、やる氣も起きない。外国人も日本には注力するのかと思ったら、じつは飽きているみたい。そういう話が何個か聞こえてきた。今年は株や債券からは距離を置きたいなあ。競馬の年かな。

5/19  17−24℃  くもり一時雨  東南東2
■「メルマガ」「通算予想成績」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外と券外。今年は(10−13−2−17)。
 G1は(2−2−0−5)。

 今週は平安Sが先行有利のレースなのだけど、メンバー的に狙う着眼点が見つからない困ったレース。
 オークスはスウィープフィートで意地になったが、チェルヴィニアの立て直しということで、ノーザンファームを信じ切れば、これが◎だろうか。ステレンボッシュのほうは◎にする氣はなかった。今年のG1は、最良成績やAJGのA馬は、NHKのジャンタルマンタル以外は来ない年で、ここも捻って武の馬で意地になったが、ダメだった。デビューから、ずっと武で、東京千八とか1回でも使っていれば、氣性的にも、もっと手馴れたと思うが。今日もうるさいし、スタートで不利もあったが、止まったわけではなく、ケツから脚をジリジリむだ遣いしながら上がっていき四角大外ぶん回しでも、止まることはなくソコソコ伸びていた。
 でも、まあ、ノーザンファームの2頭を倒すのはたいへんだった。直線に入って内外から伸び始めたのを見て、そう思った。5割の貯金は減って、4つになった。
 オークスとダービーはもう決まっていたから、何枠を引こうが軸は不変だろう。安田記念の予想でも始めよう。あれが問題だ。

オークスは東京二四、良。
 パドックはスウィープフィートがチャカチャカしてうるさかった。他はマズマズで、チェルヴィニア、ライトバック、クイーンズウォークが良く見えた。
 スタートで8枠2頭が先行なので、斜めに切れ込み、その内の馬たちが内に寄せられて、スウィープフィートが運悪く挟まれて下がってしまい、ケツから行くことになってしまった。パドックでもうるさかったから、静かに出てほしかった。
 隣のチェルヴィニアは、まあまあ良い位置で、ハイペースとはいえ、前に行く馬が弱すぎて誰もが無視して追い掛けないから付いて行かず、後続馬群はハイペースとは言えなかった。
 直線に入ってチェルヴィニアは、やや後ろになってしまったが、良く伸びた。パドックが外めを集中して回って、良いデキだったから、あれだけの脚が使えれば、ノーザンファームだし、千八で楽勝している経験が生きた。この牝系は揃って走るが大物が出ないけど、ハービンジャー×キンカメで、トライマイベスト≒デインヒルだから向いていた。桜花賞がダラしなさすぎたが、キチンと立て直してきた。
 ステレンボッシュはあいかわらず馬体が成長してなかったが、ああいう馬なのだろう。ノーザンファームだから、こういう舞台は慣れている。
 ノーザンファームの威力を見せつけたようなレースだった。

5/18  14−28℃  晴  南東2
■中国はあいかわらず米国債を売ってゴールドを買っている。これで米国債の金利が下がらないのかな。金利低下予想で、NYダウは4万ドルを超えたが、まだ、金利低下・ドル安と決まったわけではないと思う。FRB廃止法案まで提出されて、大統領選まで絡んで、いろいろ混沌を極めそうだ。
平安Sは京都ダート千九。
 パドックはスレイマンとミトノオーが良く見えた。前残りのメンツが良く見えた。
 レースは、ややスロー。ミトノオーの逃げ。伸びてきたのは内を追走して直線で外へ出したハピだけ。単調なつまらないレースになってしまった。外から追って出して行ったメイショウフンジンが2番手で最後まで粘った。途中で好位から前との差を詰めていったスレイマンやグロリアムンディは脚を使った分、伸びなかった。

5/17  13−27℃  晴  南東2
■アメリカはAIとか強い業種が存在していて、なかなか景気が下降しない。それでドル高になろうとしてくる。JPモルガンもそう言い始めた。消費者がリボ払いを払え得ないくらい困り果てないと、利下げにはならないかもしれないなあ。
 でも、昨夜はNYダウが4万ドルを超えたら、すかさず売り物がドバッと出て、4回も上げ直ししようとするのに、4回とも売り重ねてきた。企業経営者たちは自社株を持っているが、有名な人たちが、もういっぱい売っている。不思議な国になってきた。もっとも、戦争も長引きそうだし、物価下落はなかなか始まらないか。

5/15  11−25℃  晴  南南東2
 しらさぎか? 田植えの終わった田んぼで、白鷺みたいな鳥が虫をついばんでいる

■日本株は、ほとんどが予想PERが20倍になってしまった。30倍以上もゴロゴロある。今期はアフター・コロナの値上げラッシュも終わって、大きな増益はないから、決算発表が一巡したが、買いたい銘柄が、たったの3つしか見つからなかったから、はっきり買い材料のないのは全部利確した。
 アメリカはAIやデータセンターはよいが、債務だらけ、家賃高騰、全体は良いとも思えない。buy now pay after なんて恐ろしい話だ。

5/14  13−22℃  晴  東北東2
■SHARPが大型液晶の生産を停止。これで日本が始めて、一時は世界一を誇った大型液晶の世界から日本は姿を消した。大型といっても、どうしてもTVを観たいなら、床屋の鏡の横に置いてあるような、パソコンの13インチくらいので十分だ。畳一畳もあるような液晶TVを10万円以上出して買って、目を上下左右に動かし続けて朝から晩まで見ていたら、脳内はどういう空疎な状況になるか、番組を考えただけでゾッとする。
 私はソニーのブラックトリニトロンのブラウン管TVで生きてきた。競馬と囲碁と地震とドキュメンタリーだけ観て24年持った。その次は21世紀になって10インチの超小型ブラウン管だった。1日2回、相場の15分番組で株価一覧が流れるのを観ていた。
 地デジの時代になって、地デジチューナーを接続して使ってきた。そして、2010年代は、もうほとんど見なくなったので、とうとう買い取り業者に渡した。加齢とともに子供っぽいTVなんていらなくなった。
 池上のマンションの隣の家は、畳1枚分の大型液晶を全然見ないから、南窓のカーテン替わりに使っていた。そういう家は多い。いちおう買わないと世間体とか見栄が許されないのだろう。1日3時間半以上見るとアルツハイマーになる確率が跳ね上がるという研究結果が出ている。まあ、見ないほうが身のためだ。東芝も日立もパナソも、どんどん撤退していったが、それが分からないで最後まで固執したシャープは亀山工場の名前だけ世界に残して身売りまでして酷いことになった。
 シャープのUNIXのモバイルPCを2台使ったが、5インチの超小型だった。5インチだ。電車内で原稿書くには軽くて十分だ。ということは社長や取巻きがTV以外は観ないダメおじさんたちだったのだろう。

5/13  18−19℃  雨  北北西2
■ゴールドが爆騰したら、今度はビットコインが上げ始めた。上げ続けるかどうかは、先の高値を抜けるかどうかだが、もう、誰もがアフター・コロナの値上げラッシュで企業業績が良くなる流れは織り込んでしまったみたいだ。割安銘柄を探すのはたいへんな作業だが、適当にやったが見つからないなあ。

5/12  16−23℃  くもり  南4
■「メルマガ」「通算予想成績」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は2着と2着。今年は(10−13−2−15)。
 G1は(2−2−0−4)。

 今週は2つとも、フィアスプライドはスタート次第だが、3着内は確実と思っていた。先週と同じで自信度が高かった。
 今年になって、血統も予想も相場も、かなり理想域が見えてきた氣がする。今までも自信があったが、今から振り返ったら、全然、お子ちゃまみたいなことをやっていたのが分かった。
 5割の貯金は6つに増えた。3着内率は、あいかわらず6割以上あるが連対率も6割近い。こういう状態が続けば良いが。
 そうそう。Vマイルは15840円のワイドが獲れた。津村よありがとう。

Vマイルは東京マイル、良。
 ナミュールが出遅れ。パドックも良く見えなかった。パドック解説は褒めていたが、京増さんは自分の予想を押し通すから、パドック解説になってない。条件戦なら自由に喋るのに、G1は自分の予想を曲げないから、才能は認めるが、別の役割でラジオに出るほうが良いのではないでしょうか。
 私のフォトパドック解説は、誰も褒めてくれないけど、けっこうあたっているのですが、Vマイルも、テンハッピーローズ、マスクトディーヴァ、フィアスプライド、モリアーナが10点だった。今日のパドックは、フィアスプライドは、フォトパドックほどではなかったが、他の3頭は全部、今日のパドックも良かった。
 フィアスプライドはスタート次第だったが、前に行けたら、こういうレースができる有利さがあって、ターコイズSのルメールの乗り方に賛同して◎にして、そのとおりになった。単独で先頭に立つのが楽すぎて、ソラを使ったか遊んでしまって差されてしまった。
 テンハッピーローズは短距離を使ってきたが、あれは間違いだろう。母の父がタニノギムレットだし、サンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉だ。馬体も別にスプリンターには見えないし、マイル以上が良いのではないか。津村は前に行こうとするからひいきにしてきたが、印は打てなかったが、勝ったので嬉しかった。よく毎年辛抱したよ。今年の冬も、2着ばかりで初勝利が遅すぎたが、勝ち始めるとポンポン勝って安心した記憶がある。
 マスクトディーヴァは閉められる不利もあったが、めちゃくちゃ強いのだけど、マイルは忙しく、あそこまで下がるところがマイナスだったわけだ。大阪杯や宝塚のほうだろう。ナミュールは、フォトパドックもパドックも、イマイチ冴えなかった。2本くらい追い足りないから安田まで待ってもよかったのではないか。

5/11  12−26℃  晴  南南東4
■馬券は、ワイド総流しもプラスだったが、問題は、それ以外の券種で、今日は枠連1点買いをしたが、890円と馬連よりも配当が高くて、枠連を買う人が減ったから、たまに慎重にやれば、こういうことがあるが、満足(笑)。
スプリングCは東京千四、良。
 ゆっくり始まって中盤がわずかに緩むという変則ラップだが、総じて速めの平均ペース。横山和は自信があったのだろう。スローでも昨年は追い出しを我慢しての楽勝だったから、同じメンバーで凄いデキ。ケツから外回しても、32秒2の脚を使えば差し切れると読んだのだろう。
 結果はハナ差、差し返されての負け。敗因は最後までムチの使い合いになったという、しつこさ。松山との差は、右ムチ使って、身体が、胸が開くか開かないかの差だろう。胸が開いたら馬に負担が掛かるからダメだ。どうしても、そういうフォームしか取れないのなら、最後の50mは手だけで追い続けるべきだろう。昔の一流騎手はそういうことをキチンと言っていた。祖父に訊けば。
 戸崎みたいに、胸が開いても、即座に戻すという瞬間芸を覚えるという手もあると思う。

5/9  10−18℃  雨のちくもり  北北東2
■160円から152円まで介入で動いたが、その後の揺り戻しは155円までかと思ったが、156円手前まで行ってしまった。半値戻しは全値戻しという言葉がある線の手前まで行った。読み切れなかった。ここから2週間は、ドルが下げるか、米金利が下げるか、見守るべきか? 利益確定は、株やMMFなどは、かなりやったが。

5/8  17−22℃  くもりのち雨  北東1
■欧米のファンドは持っていない。売買に1日のずれが生じるからだ。1日違うとたいへんだ。MMFとかは、為替がドル安だか円安だか読めないので、為替に大いに関係する商品はおおかた手放す。大統領選になるし、ウクライナは終わりそうにないし、急ぐこともない。
■何度も書いてきたが、積立NISAとやらで、毎日インデックス・ファンドや個別株を買うなんて、ありえない。建てる時は、ピラミッディングと言って、最初の安い時にいかに多く買うかが問題なので、毎日同じ金額を買い続けたら、ちょっと下げ始めたら、損が出てしまう。証券マンも、YouTube で発信するアナリストも、これを言わないのは卑怯なのか、無能なのかだ。

5/7  17−21℃  くもり一時雨  南南西4
■ケンタッキー・ダービー3着のフォーエバーヤングは、坂井が叩き合いの馬に手綱を掴まれたことはないと否定した。
 しかし、ハナ・ハナの3着は惜しすぎる。こういう晴れ舞台で、サンデーサイレンスの血が活躍することは感慨深い。ノーザンファームのリアルスティールで、Mr.Prospector, Northern Dancer, Graustark を使って、Monevassia ≒Praise 3×3だ。Flower Bowl の血は凄い。

5/6  18−23℃  くもりのち雨  南5
■今日は祝日だが、先物だけはできた。米国株もできるが興味ない。日本とアメリカは、どちらの国もお札刷りまくって借金だらけだが、どちらの通貨が強いのだろう。さっぱり分からない。

5/5  13−29℃  晴  南南東4
■「メルマガ」「通算予想成績」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は3着と1着。今年は(10−11−2−15)。
 G1は(2−1−0−4)。

 今週は2つとも連対は確実と思っていたので、京都新聞杯の3着は少し無念だった。でも、まあ、5割の貯金は4つあって減っていない。3着内率は6割以上ある。
 相場が、株もドル円も金銀も仮想通貨も、激動の週だったが、今週は競馬のほうが頭を使わなくて済むから楽だった。
 やはり、ジャンタルマンタルのように、スタートが良くて、好位からジャスティンミラノとも2回も勝負になった馬は楽だ。

NHKマイルは東京マイル、良。
 パドックは、ジャンタルマンタルが圧倒的に抜けて良く見えた。ラジオのパドック解説は、自分の予想がまずまず当たるからだろうが、パドックでもその◎を1番手に褒めるのはやめてほしい。それでは、パドック解説の役目は果たしていない。予想はアスコリにしたけど、馬はジャンタルがいちばん良く見えます、と、たまには言ってほしい。  ジャンタルマンタルが絶好のスタート。この馬は、いつもスタートが良いし、二の脚ついて行きっぷりも良いから、追い込みが利きづらい今の東京でも安心していた。アスコリピチェーノよりも前にいて、直線で抜け出す時に、川田が失礼のない程度に?内を締めたから、アスコリピチェーノは行き場がなくなって勝負は決した。
 ルメールは内に進路を探さずに、ジッとしていて、逆に、ジャンタルマンタルの外が開いたら、そこを突けば今日の判断よりは良かったのに、まあ、ケガの休み明けで、そのへんは予想できたことだから仕方ない。
 4着に追い込んできたゴンバデカーブースはやはり強い。ダービーに行くかな?
新潟大賞典は新潟二千、良。
 トイレに通って下痢をしながら、7番人氣のヤマニンサルバムを◎にしたら、逃げ切ってくれた。これで7勝全部が左回りだ。こういうの好きですね(オイオイ)。

5/4  13−28℃  晴  南南東2
京都新聞杯は京都二二、良。
 ウエストナウがノリだから意表の逃げ。2着に残ったから、やはり強いのだが、キャリアを積んで、二二あたりの経験もあれば、好位差しで勝つところだろう。
 3着の川田のヴェローチェエラは、伸びてはいるが、ズブいとも言え、あんなものか。もう1列前が良いと思うが、微妙な差でなんとも言えない。あまり切れなかったから次走からは、そうするだろう。どうしてもダービーに出してやらないと競馬史が狂うというほどの馬ではない。
 ジューンテイクはキズナ×シンボリクリスエスだから、なんでもできるし、どこでも来れる。とうとうイン差しやって勝ってしまった。

5/3  10−25℃  晴  南1
■日本製鉄はUSスチールを断固買収するそうだ。やめたほうがよい。会社にも電話したが、理解できていない。金をいくら持っていても、国家の尊厳に関わる企業は買収してはいけない。バブルの頃にロックフェラーセンターを買収して日本終了となったのを、もう忘れてしまったのだろうか? スズキはインドのタタモーターを買収してはいけないし、タブーというものがあるのだ。USスチールが日本製鉄買収を、ロッキードが三菱重工を買収と言い始めたらイヤな氣がしないのかな。
■ドル安が凄い勢いで進んで、ドル安円高。米国株だけ上げ、日本株先物は下げ。FRBの利下げ期待らしいが、ほんとうにそうなるのだろうか。大都市の1DKの家賃が16万とか信じられない。この高い住宅ローンで家を買っている人がけっこういるのも信じられない。アメリカも日本と同じく、中間層がなくなっていったから、こうなるのだろうか。

5/2  11−20℃  雨のち晴  東北東3
■GWみたいだ。バブルの頃に、裁判の在宅校正を始めてから、泊まりがけの旅行はしていない。88年に高崎競馬をやった後、高崎のオバの家に泊まり、谷川岳の展望台まで登ったのが最後だ。それ以降は、正月もGWもお盆も、裁判の校正ゲラが出るから、裁判の判決文の読み続けだった。連休がいちばん忙しかった。あんなもの1日12時間も机に座って読んでいたら、身も心も硬くなってしまうから、早起きして普通の人の2倍の速度で読めるから昼過ぎには普通の人の1日分の仕事が終わり、午後からは毎日出かけて、関東一円日帰りで遊びに行きまくった。おかげで、遊び人が毎日どこかへ行って何をやっているんだと、不審者扱いされるようになったが、悔しかったらマネして見ろって(笑)。銚子、御宿、奥日光、箱根以外は全部行った。遊びに行きながら予想法ばかり考えていた。仕事も速いし、歩くのも速いし、駅の階段は2段跳びで上がるし、楽しかった。

5/1  19−13℃  雨  東南東3
■日銀の5兆円使った介入は、けっきょく、156→160→(介入)154→158となった。警戒警報くらいにはなったかもしれないが、金利を少しだけ上げるほうが費用対効果が大きいのでは?

4/30  19−22℃  くもり一時雨  東南東2
■朝咲いて夕に終わる一日草の露草(ツユクサ)って凄い薬効がある野草なんだって。地球って凄いんだな。
■@kuu331108
日本人は世界で唯一アレルギーにならない民族と言われていたのが
世界で最もアレルギーになる民族に…
今、腸内細菌は戦前の3/1まで減少
食品添加物、防腐剤、化学調味料、食物繊維不足 腸に穴が開く人も
藤田紘一郎医師

4/29  15−27℃  晴  南3
■日銀が介入するも$160円→154→156と、少しだけの効果。日本株は祝日だったが、先物は800円高があってNYが始まると400円高。そりゃそうだ。自民は選挙で連敗だし、介入にも威力はない、となると、株がノーテンキに爆上げともいくまい。

4/28  15−29℃  晴  東南東2
■「メルマガ」「通算予想成績」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外と券外。今年は(9−11−1−15)。
 G1は(1−1−0−4)。

 今週は難解の極みが2つ。モレイラを1つは◎にしたかったが、どちらも中途半端さのある馬だった。となると、川田までいないという徹底的な騎手不足で、どう乗るのか分からない騎手が多く、やはりルメール・クラスが3人くらいいないと、競馬はわけわからん面があるかなあ。頭が痛かった。ドゥレッツァは和田だよ(苦笑)。今日なんか、和田が穴馬をいくつも持ってきたじゃない。彼は巧いよ。
 5割の貯金は4つになった。

天皇賞春は京都2マイル、良。
 パドックは、抜けてブローザホーンが良く見えた。2人引きで凄い筋肉量だった。ディープボンドがやたら元氣が良かったが、歳だし和田でないし、と思った。
 タスティエーラは股間に白い汗をかいて、滞在が良かったのではないか。飼い葉は食べたかどうか情報がなく、その点は月曜の週刊誌待ちだ。テーオーロイヤルも鞍下に白い汗をかいて、体重増は良いことだが、微妙かと思った。サリエラは良いかなと思っていたが、思ったほど良く見えなかった。
 ドゥレッツァはフォトパドックと同じで、やはり私には良いのか悪いのか分からないデキだった。前走よりは、はっきり良かった。でも、ステイヤーには見えなかった。
 レースはディープボンドがダッシュ。イングランディーレの再現を狙ってノリのマテンロウレオが行きそうだったが、ハナを主張して大逃げ。ドゥレッツァも好位に行こうと出たが、自然と行く馬だから、戸崎が新潟二二で勝った時のように、馬さんどうするの?って感じで、放置で良かったと思う。
 ノリはどうでもいいから、ああいう逃げ馬は無視して乗るしかない。でも、馬が付いて行きたがったというなら、今日みたいに引っ張らずに、馬の氣に逆らわず、ああなったら行かせるしかない。どうせ、ノリが大逃げするから、ハナに立つ心配はないし。馬の氣が冷めたら、また下げればよい。菊のルメールのように、自在で好きにさせるしかない。そういう馬だと思う。やっぱし、ルメールは巧いなあ。ディープボンドも歳だから無視するしかない。相手は後ろの馬のはず。2マイルも走るのだから、好位か中団ならいいかくらいの出し方でないとおかしい。そのうち、スピードがあるから前に行くから。でも、スパッと付いていったか、馬が行く気になっていたのかどうか、長手綱にするどころではなかった。やはり、戸崎は2マイルは乗り慣れてないか。
 坂上でドゥレッツァは手が動いて終わり。テーオーロイヤルは外から早めマクリで自然と先頭へ。連戦でもこの馬の長距離は強すぎる。鞍下の白い汗はなんだのか。母の父マンハッタンカフェのスタミナとしか思えない走りだ。
 タスティエーラはほんとうはモレイラは、勝つなら、あと2馬身前にいたかったはず。やはり、4歳世代はちょっと弱いかな。
 ブローザホーンだけが伸びてきたが、坂を上がる頃には、池添のサヴォーナとテーオーロイヤルが並んでいたが、あそこの外か、テーオーの後ろにブローザホーンもいたらおもしろかったのではないか。少し後ろすぎたのは、菅原明のG1経験不足か。長距離の京都の坂は、ゆっくり降りるのは、いつも言うけど、某アナウンサーの間違いで、どう考えても間違っている。四角先頭の氣分で乗るべきなんだ。もったいないことをしたと私は思う。

4/27  17−23℃  くもり  風なし
青葉賞は東京二四、良。
 パドックは2着のショウナンラプンタが抜けて良く見えた。デュアルウィルダーとトロヴァトーレは白い汗をかいて不氣見な雰囲気だった。馬が若い。
 スタートして8枠は先に行けるから、展開は8枠勢は読みどおりだったが、トロヴァトーレはあれで勝てないなら、距離が二千までだ。
 デュアルウィルダーは馬が若いが、モレイラがなんとかソコソコ走らせた。
 ショウナンラプンタは馬がよかったし、鮫島が氣合が入っていた。騎手不足で目立つチャンスだろう。ヘデントールも馬は悪くはないが、前から思うけど、背が低いし、何かゆったりしてないんだなあ。小回りの千八や二千のほうが乗りやすいかな。スタートが良くなるのを待つしかないが、オシェアが、やはり最後方から行って届かない競馬になった。
 シュガークンはフライングぎみの好スタートから、インで控えて、最内から坂で外めへ出して、よく伸びた。武の好騎乗だ。レースから言えば、ショウナンラプンタのほうが強かった。

4/26  14−25℃  くもり  南2
■ゴールドは急落後に、ジリ高。ビットコインは揉み合い。円安は続く。アメリカ株も日本株も決算の良し悪しで、急騰や急落。ちょうど、決算が別れるという年なのだろう、世界的に。とすると、戦略は決まってくる。天皇賞がややこしいから、その後考えよう。

4/25  14−26℃  晴  北2
■とうとう、脳インプラントがサルで成功したそうだ。これからのロボットは意思を持って、何事もやっていくようになりそうだ。禁止しなければ、そうなる。ロボット棋士とか、すぐ名人になれそうだ。

4/24  15−16℃  雨  東南東2
■和食は大好き。最近はグルテンフリーも理解できるようになってきた。
■青葉賞で頭痛い。マルコメの麹甘酒は美味い。アルコール0%。砂糖0。塩が入っていて麹の甘味を引き立てている。わざわざ飲むのもなんだが、麹類が好きだから、まあ、いいか。

4/22  13−17℃  雨のちくもり  北北西2
■これから1カ月、決算発表のシーズンだ。上がるものは上がり、下がるものは下がる。そして6月のボーナスシーズンに買いに入る人がどっと出ると、その上げを見て利確する人が増えるから、何もかも下げる。今年も、そうだろうな。戦争と大統領選の要因以外は。

4/21  16−22℃  くもり一時雨  南東3
■「メルマガ」「通算予想成績」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は2着と券外。今年は(9−11−1−13)。
 G1は(1−1−0−3)。

 今週は東西重賞両方とも2択。どちらも接戦だと思っていたが、フローラSは二千経験のあるなしと、強い馬との対戦経験がないことから、これは予想ミスだった。こういうことには辛いファンだが、1番人氣になったのも驚いた。
 終わったことは仕方ない。また、G1だ。東京のG1連戦は好きだから頑張ろう。まだ、5割の貯金は6つある。

フローラSは東京二千、良。
 パドックはバロネッサとアドマイヤベルが抜けて良かった。週中から、この2択なのだが、百日草でアーバンシックの3着が、やはり大きく、メルマガを送信してからレースまで、30回くらい後悔した。大川慶次郎さんがキツく言っていた予想のルールというか哲学だから、バロネッサからワイド総流しをかけたが、アドマイヤベルから内枠へ向けて枠連を3つ買い足しておいた(やれやれ)。
 バロネッサはルメールでなくてはだめで、津村なら好位抜け出しで乗れると思ったが、ちょっと心配したが、出して行かずにアドマイヤベルの後ろで安住していたのはガッカリだった。二千経験の違いも大きすぎたか。
 この2択を間違えたのは甘かった。送信して晩飯を食べながら、ずっと後悔していたし、朝起きたら、また後悔が始まっていた。
マイラーズCは阪神マイル、良。
 小雨。セリフォスは意外と絞れず、警戒していたが体重増だった。
 団野に乗り替わったルーラーシップは7枠が良かったようで、外からスルスルと加速してマクり、流れに乗って快勝。また、セリフォスに先着した。少し小雨になったが、ルーラーシップで稍重実績が凄いのも有利になった。
 セリフォスは絞れてくるだろうが、イン差しばかりでは安田は難問が残ってしまったか。

4/20  10−24℃  晴  東南東1
福島牝馬Sは福島千八、良。
 3週目の最終週。内伸び馬場。先週までの流れから見て、外が伸びると思ったが、クッション度も最高で、内のキレイなパンパンの良だった。
 流れからして、1枠のコスタボニータは好枠で堅実。好位差し。福島と函館くらいは使い込むと荒れ馬場になってほしい。最近は3週やって1開催終わりだし。荒れさせない。JRAは良馬場指向が強すぎる。

4/19  13−22℃  晴  北北西8
■日経平均急落。仮想通貨や米国債も、大きな値幅で乱高下。凄い一日だった。無事に1日終わって満足。ネット時代では、株も買いの手数料がゼロの方向だし、先物も、わずかの手数料で、タダみたいなもの、証拠金も安いし、35年前のバブルの時代と違って、手数いっぱい出しても身動きが楽です。あの頃は、何をやっても手数料1%とか、そういうものばかり。ゼロなんて、有り得ませんでしたから。

4/18  16−20℃  くもり  東1
■今週は、「AI軸馬指数」の2重賞は土曜送信にします。

4/17  15−25℃  晴  北2
注射の際、暴れる猫をクリップや洗濯バサミで無力化するクリップノーシスと呼ばれる方法。猫の弱点はここだと知っていたが。

4/15  11−25℃  晴  南南東3
■((皐月賞の反省))騎手が北村宏でたいへんな焦点となったから、上手な騎手で攻める、レガレイラと一緒に後方一氣では届きそうになく共倒れになりそうだから好位差しの馬を加点する。
 この2点を大きく重視するだけで、1にジャスティンミラノの戸崎、2にモレイラということになる。なんだ、つまんない、という感じだが、こういうつまんないことを重視するのが大切なレースと、大切でないレースがあるわけで。。

4/14  11−24℃  晴  南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」「血統論」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は1着と券外。今年は(9−10−1−12)。
 G1は(1−1−0−3)になった。

 皐月賞はレガレイラをやめるのに時間も掛かった。メイショウタバルにするには1週前追切りの猛烈さが頭が痛かった。となると、横山武かモレイラか戸崎か、騎手のファクターの指数の比重が、重くなる混戦レースだったが、血統的に戸崎の馬は軸にしにくかったし、モレイラのはビッグレッドだから、三嶋のほうで心中したくなった。
 まだ、5割の貯金は6つある。頑張ろう。

皐月賞は中山二千、良。
 クッション値は連続開催で最高レベルの 9.6。
 馬体重に異常な馬はなく、パドックで良く見えたのは、内からメイショウタバル、ジャンタルマンタル、レガレイラ、ジャスティンミラノだった。
 スタートはメイショウタバルがハナでないから抑えるかと思ったら、ハナを奪って、馬がハミくわえてスイスイ行くから1コーナーからも 11.5-11.7-11.6-11.8 というハイペース。1週前追切りが、調教師も言っていたが、長めから外目を回しても速い時計で、あれがめちゃ速すぎた。最終追切りは軽めにしたが、氣が乗りすぎたかと氣性の問題を調教師も私も氣にしていたが、やはり馬が行きたがってしまった。
 レガレイラは、5枠だから中団差しもあったが、スタートで7枠2頭が内へ向いて斜めに飛び出し、それにつれ6枠も内へ寄り、挟まれて狭くなり下げた。そうして、後ろすぎて、1コーナーで後方のイン。あれではペースがどうだろうが届かない。とにかく、200m出て、既に4枠のジャンタルマンタルの斜め後ろに7枠2頭がいるという按配で、5枠と6枠は、狭くなって損をした。
 7枠2頭に6枠のモレイラが続き、このへんが勝負態勢。
 ジャンタルマンタルは抜け出して突き放したが、マイラーのせいだろう坂で止まった。
 勝った戸崎と2着のモレイラの差は、位置どりの差。ああいう流れは戸崎の得意だ。パドックで馬が凄いデキに見えた。パドック解説の京増真臣氏も文句なしに褒めて意見一致だった。それくらいの良いデキだった。
 ◎を打ったメイショウタバルは、1週前は石橋師が乗ったのだろう。かなり追切りが強すぎた。その問題をどうするか、という悩みは書いたが、やってみないと分からなかった。浜中も2コーナーで抑えぎみに乗ってほしかったが、今日は、たしかダートの人氣薄に1頭乗っただけで騎乗経験なし。馬が回ってこないので、浜中も気負うかなあと思いながら午後の競馬を見ていた。向正面でもスイスイ行かせてしまったから、あれでは保たない。レコードタイムが出る原因を作って、なす術がなかった。石橋師も午後の芝のレースに1頭出して、乗せてやってほしかった。

4/13  10−22℃  晴  東北東2
■今日の馬券は、下総Sはワイドで、◎の2択だったストライクを入れて3頭のボックスにしたら、3頭で3着まで占めて、ワイド3点全勝。アーリントンCは総流しで、15番人氣のノリが来てくれて楽に7000円のワイドが取れた。言うことなし。ワイドだけで回収率が300%を軽く超えるのだから信じられない人には信じられないだろう。
 アメリカの高金利も円安になって良いし、ビットコインを半減期が近付いたから少し買ったら下がっているのが読みが外れたが。半導体もダメで米国株が下がったのも読みどおり。半導体は中国だって必死で、市場は拡大しても競争が激しいから。半導体メーカーやソーラーや電氣自動車には近付かないことにしている。
アーリントンCは阪神マイル、良。
 ディスペランツァは胴が詰まって筋肉質。パッドックも最高。あれを見ていても、やはりマイラーだと思う。
 直線はモレイラが馬群の中でジッとして、内にも外にも生きたくない感じ。前が開いたら、瞬時に差し切った。
 これで、マイルで連勝したから、もう、ずっとマイルを使うだろう。

4/12  11−19℃  晴  北東1
■ゴールドが1400$突破した。いずれ下がるだろうが、その前に、何カ国かくたびれ果てるかもしれないし。仮想通貨も上がるかもしれないし。50年に一度の経済情勢かもしれない。日本は30年もデフレ漬けだったから、ある面では助かっているのかな? アメリカの家賃は5割以上も高騰したら、払えないよな。

4/11  6−19℃  晴  南東2
■CPIの発表があって米金利が高騰。皆が年内3回の利下げの方向で相場をやっていたが、私は今月初めから書いているように、物価が下がらないから利下げはできないだろうという読みで、動いてきた。1970年代の再現だ。もう、皆が半世紀前のことを忘れ始めている。相場には記憶力は大事だ。
■藤岡康太が、なんと意識が戻らず、あの世へ行ってしまった。ナミュールの追込みは未だに信じられない神業だが、今回はつまらない馬に乗ってしまったものだ。ゲート出て躓いたところで落ちてしまえば良かったかもしれない。ああいう馬は、落ちないことだけ考えて乗るしかないのかなあ。騎手の事故は、かわいそう。

4/10  7−17℃  晴  東北東1
この男の人にハッピーバースデー。
■中国人は金を買い、インド人は銀を買い、遂に日本株は、日本人の個人とアメリカの一部になったか? 少し勢いがなくなってきた。米インフレ統計の発表が今夜あるせいか?

4/9  16−19℃  雨のちくもり  西北西5
■桜花賞はまだ悔しいから、皐月賞はあてたい。1番人気の騎手はいつ決まるんだろう。決まらないなんて、どういうこと?

4/8  14−22℃  くもり一時雨  南南東1
■ハイパーインフレのジンバブエが金本位制デジタル通貨を採用した。ジンバブエがやらなくても、世界の流れは、そういう方向だから、ゴールドやビットコインが買われるのではないのか? そんな氣がするが。世界の大きな国で、日銀だけは、ほとんどゴールドを買ってこなかった。知らないよ。
■自動車メーカーはアメリカもドイツも、EVを避けようとし始めた。トランプも演説で、EVに対する補助金は打ち切ると言っている。流れはハイブリッドだ。私も氷点下20℃で雪原の中で動かなくなるEVは、今冬のような中国やアメリカの大寒波で運転できなくなる事故が続出したから、消えると思ってきた。ガソリンエンジン車のプラグやセンサーに強い会社の株を売らずにおいて良かった。

4/7  11−23℃  晴  南南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」「血統論」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は1着と4着。今年は(8−10−1−11)。
 G1は(1−1−0−2)になった。

 今週は指数のとおり、「AI軸馬指数」は自信があって、問題は桜花賞の(馬でなく)枠だけだった。6枠なら簡単に勝っていたなあ。「メルマガ」に載せている直近1年間の成績表は、4着までは着順を書くが、3着や4着は久しぶりだった。馬の力で負けたのではなく、枠で負けた感じだから、非常に悔しい。
 なんで、こんなに強いのに6番人氣なのかと、不思議で不思議で仕方なかったし、馬券は3着に入れば、どうやっても儲かるという、楽なレースだった。楽なレースのはずだった。
 皐月賞の大乱戦でやり返すしかない。

桜花賞は阪神マイル、良。
 良馬場。内から外まで、展開次第で、どこでも伸びて、クッション値 9.3 という時計も出る絶好の馬場状態。
 パドックが良く見えたのは、スウィープフィート、テウメッサ、チェルヴィニア、ステレンボッシュの順だった。
 キレイなスタート。スウィープフィートは、また出遅れると予想していたのだが(笑)好スタートで、4枠だから馬群に包まれてしまった。外へ出したいから、最後方まで下げたが、なんとその外の坂井のライトバックが、わずかでも位置を上げようと動きそうで動かない。後方一氣の決め打ちをしていたようだ。
 四角も大外の最後方は坂井のライトバックで、これが邪魔で武は外へ出せない。進路がないから、仕方なく、中割りを狙いに行ったが、外側の壁の隙間を抜けられる時には、既に坂井は加速が付いて追い込んでいくところだった。200mは何もできなかった。
 ああなるのなら、最初から好位に自然と出して行ったら、シカゴスティングの隣には行けたのだが、出すのが好きな河内ならそうしただろう。そうなると直線がキツいが、なんとか開くと思って行くしかないかな。私なら河内やルメール式でやるけど。
 今年は混戦で差がないから、中が割れるような雰囲気でもなかったから、チューリップ賞のように、外へ出して追い込むという作戦に出た武豊の判断も仕方ないと思う。足りなかったのは運だけだ。
 外へ出したら勢いよく伸びたが、ライトバックが最後方から追込んで2着とクビ差なら、武の馬が3角で最外だったら、もっと早めにマクれる馬だから、楽勝だっただろう。今日は220mしか競馬してないが、700mは動ける馬なのだがねえ。
 坂井は最後方から直線一氣という決め打ちだが、武の馬は、そんなことしなくても、勝負どころから外マクリできるのだから、楽なのだが。
 4枠を引いた時に、「6枠なら」とふと思ったが、そのとおり、内外の逆が、最初から直線の、あと220mまで、ずっと響いた。枠のファクターは、指数の点数を上げすぎると裏目に出た時に痛すぎるが、大きなファクターなんですけどねえ。

4/6  9−15℃  くもり  北1
ニュージーランドTは、エコロブルームが競り勝った。シンザン記念2着だったから、これが◎でないとおかしい。ミスった。この馬はNHKマイルか。
阪神牝馬Sは、マスクトディーヴァが快勝。追い込みが利かない日だったが、関係なかった。Vマイルに行くに決まっている。
■世界中が注目の米雇用統計が出たが、やはり昨日書いたとおり金利は下げられないようだ。これで中高金利時代が続くという時代になりそうだ。それにしては米国株やインド株や日本の半導体株は、PERが高すぎる。株価が下げて是正されるか、株価が上がったままPERが高い時代が始まるかを、考えなければいけない。
 ゴールドは続騰。引っ越しの前後に、下げたところを満足いくまで買ったから含み益ができた。ドルが崩れなければ、ドルMMFなんか良い時代かもしれないと、買い始めているのだが、大統領選もあるし、アメリカの将来はどうなんだろう。

4/5  14−9℃  雨のちくもり  東南東1
■日経平均は暴落。昨夜起きて、NY見ながら、明日の東京は崩れるなと思って、先物を売りまくって、また寝たが、起きたら大正解。アメリカは不景気の徴候があるから金利を下げたいだろうが、物価が高くて下げられないだろう。1970年代と同じだ。
 日本が下がると思ったのは、東京エレクトロンとか半導体株で熱狂相場になったが、予想PERが50倍なんて異常だ。既にずっと前から下げ続けているアップルよりも割高だというのだから、ファンドマネジャーや、証券アナリストは頭の中が、10年に一度の病に冒されているのだろう。なぜか、証券界は10年に一度くらいのサイクルで、異常なことが異常とされなくなる。
 半導体のような値がさ小型株は日経平均に対する寄与度が高すぎる。

4/4  11−19℃  くもり  南1
■武豊の家が、空き巣でなく強盗なの? なんか、やられたらしい。かわいそうに。奥さん思いなんだろうに。怖い目に遭ってたいへんだったろうが、好騎乗を見せてほしい。ルメールも骨折で肺に穴が開いたらしいし、競馬界も災難続きだ。

4/3  9−13℃  雨  北西1
■今回の相場急落もテクニカルチャートのスロー・ストキャスティクスなどはあたっている。信用評価損率が、−5%よりも良くなるという異常事態だったが、やはり下げた。信用評価損率がプラスになったのは、一度も見たことがない。
■「メルマガ」の自選集に、高松宮記念と大阪杯を入れました。

4/2  7−19℃  晴  南西3
■あっという間に日経平均が41000円まで急騰したから、もう買う銘柄がなくなってきて、機関投資家が売るので、4万円超えたら売る人のほうが新年度入りした今は多い。
 ゴールドは上げ、仮想通貨は一服している。米国株は日本人がNISAで積立などで買い続けるから上げ続け。もっとも、生成AIとかアメリカの新規技術は凄いから買うなと言っても、普通は買いたくもなるでしょうね。ここで揉み合いに移行すればホールドで良いけど、少しは先物ヘッジでもしておきたい。
 それにしても、ドバイでルメールが骨折したから、考えることが多いよね。

4/1  12−18℃  一時雨のち晴  南1
■「週刊競馬ブック」を見て、有力馬の指数を7頭ほど出したら、桜花賞の◎が変わってしまった。まあ、変わるのは良い傾向だ。



-------------------------------------------------------------








─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2024 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2023 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2022 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2021 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2020 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2019 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつもわたしの書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。わたしは〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。わたしの人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5のわたしの環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトとわたしのG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとするとわたしが普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。わたしのページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元氣な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元氣もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」もわたしがわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみにわたしは Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人氣なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という氣になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。わたしの机は優しいから、昨夜、わたしにもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつはわたしも自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元氣そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人氣とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、わたしが電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、わたしのPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと氣づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、わたしの希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・わたしも英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺氣立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、わたしのせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、わたしの趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←